2012年04月01日

「USSRミリタリー 最強ガイガーカウンタDP-5V 装備会」、無事終わりました。

ガイガーカウンター製作&計測ワークショップ、
シーズン3となる「USSRミリタリー 最強ガイガーカウンター DP-5V 装備会」無事終わりました。


これまでと趣向を変え、今回はガイガーカウンターそのものは軍用のものを使いました。
それが、このDP-5V。

DP-5V.JPG





30年以上前のものですが、その性能・設計思想は奥深く、冒頭から解説が続きます。
DP-5V_a.JPG


プローブ部分。GM管SBM-20とCl-3BGが入っている。
DP-5V_b.JPG





受講者の方には実際に分解していただき、構造やメンテナンスの方法が解説されました。
DP-5V_c.JPG


本体は、兵士が悪条件の環境下でも容易にメンテナンス出来るよう設計されています。
DP-5V_d.JPG





ここまでなら単なる懐古に終始しそうですが、今は2012年。
ソフトウェア型カウンタやスタンドアローン型カウンタを併用しデータ集計をします。

ソフトウェアは、Gp Violinさん制作のGMC Logger。
http://sound-technics.com/gmclogger/gmc.html

DP-5V_e.JPG



TAKAさん開発のユニバーサルカウンターも併用できます。
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/Universal_Counter.html

DP-5V_f.JPG



ワークショップでは、パンケーキ型GM管も登場したり、
DP-5V_g.JPG



ウシャンカも販売してあったり…、
DP-5V_h.JPG


例によって長丁場になりましたが、みなさん最強ガイガーカウンターを装備されました。



ワークショップの様子は、シリコンハウス共立さんのustreamで視聴できます。
お役立てくださいませ。

part1:http://www.ustream.tv/recorded/21481687

part2:http://www.ustream.tv/recorded/21483478

part3:http://www.ustream.tv/recorded/21484584

おまけ:http://www.ustream.tv/recorded/21486760



text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54763100

この記事へのトラックバック