2012年04月01日

「USSRミリタリー 最強ガイガーカウンタDP-5V 装備会」、無事終わりました。

ガイガーカウンター製作&計測ワークショップ、
シーズン3となる「USSRミリタリー 最強ガイガーカウンター DP-5V 装備会」無事終わりました。


これまでと趣向を変え、今回はガイガーカウンターそのものは軍用のものを使いました。
それが、このDP-5V。

DP-5V.JPG





30年以上前のものですが、その性能・設計思想は奥深く、冒頭から解説が続きます。
DP-5V_a.JPG


プローブ部分。GM管SBM-20とCl-3BGが入っている。
DP-5V_b.JPG





受講者の方には実際に分解していただき、構造やメンテナンスの方法が解説されました。
DP-5V_c.JPG


本体は、兵士が悪条件の環境下でも容易にメンテナンス出来るよう設計されています。
DP-5V_d.JPG





ここまでなら単なる懐古に終始しそうですが、今は2012年。
ソフトウェア型カウンタやスタンドアローン型カウンタを併用しデータ集計をします。

ソフトウェアは、Gp Violinさん制作のGMC Logger。
http://sound-technics.com/gmclogger/gmc.html

DP-5V_e.JPG



TAKAさん開発のユニバーサルカウンターも併用できます。
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/Universal_Counter.html

DP-5V_f.JPG



ワークショップでは、パンケーキ型GM管も登場したり、
DP-5V_g.JPG



ウシャンカも販売してあったり…、
DP-5V_h.JPG


例によって長丁場になりましたが、みなさん最強ガイガーカウンターを装備されました。



ワークショップの様子は、シリコンハウス共立さんのustreamで視聴できます。
お役立てくださいませ。

part1:http://www.ustream.tv/recorded/21481687

part2:http://www.ustream.tv/recorded/21483478

part3:http://www.ustream.tv/recorded/21484584

おまけ:http://www.ustream.tv/recorded/21486760



text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2012年03月15日

「ホーム標準線源の製作」テキスト

「ホーム標準線源の製作」、テキストアップしております。
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/source1/source.html

リンク元は、こちらのindexにあります。

text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2012年03月14日

「ガイガーカウンター製作&計測ワークショップ シーズン3」開催のお知らせ

「ガイガーカウンター製作&計測ワークショップ シーズン3」、やります!

http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/workshop.html


text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2012年01月06日

DP-5V&SIM-05関連テキストです

ガイガーカウンター関連のテキスト、アップいたしました。


『DP-5Vがやってきた!』
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/DP-5V.html


『DP-5V「ナデージア」がやってきた!』
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/DP-5Vb.html


『DP-5Vのリペアー』
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/DP-5Vrepair.html


『SIM-05「ナターシア」もやってきた!』
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/natascha.html


text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2012年01月03日

宇都宮さんより新年のご挨拶です

「原発事故も、病気と同じように、急性期とそれ以降で対処方法や心構えが変化していきます。

最初のファースト・インパクトな状態から、徐々に拡散・希薄化するため、
より高い分別能や数値確定能が必要となります。

当初から推奨の「定確度計測」に加え、複数管使用で乗り切ってください! Utsunomia」


「ガイガーミュラー管の複数接続についての考察」
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/connection_of_plural_geiger_tubes.html


※定確度計測に関しては、以下テキスト内「定確度計測とは」をご覧ください。
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/geiger.html

text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2011年12月27日

ライブ情報

ライブ情報

「これからの放射線防護と音楽(セッション付き)」 

出演:宇都宮泰. ゲスト: 中林キララ 

日時:2011.12.28 

場所:Namba BEARS 

open:18:30 start:19:00 

前売り1500円 当日2000円 

〇ガイガーカウンター持ち込み可。

utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2011年11月30日

Audacity プロフェッショナルマニュアル 改訂のお知らせ

約11ヶ月ぶりに、「Audacity プロフェッショナル・マニュアル 正式版」を改訂しました。

http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/Audacity.html

改訂箇所は、日付を記しております。 
現在、プレーンテキストでの公開となっておりますので、
ダウンロードしてご活用ください。

ご意見、ご感想はこちらなどでどうぞ。

text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

ガイガーカウンター製作ワークショップ シーズン2 無事終了しました

ご報告遅くなりましたが、11月20日 京都 伏見にてガイガーカウンター製作ワークショップを行ってきました。


参加者の7割は女性、長丁場のワークショップにも関わらず皆さん熱心に聞き入ってました。

2011.11.20c.jpg

2011.11.20b.jpg


今回、珍しく宇都宮さんがガイガーカウンターの製作を行うようになったきっかけを話し、
その起源が幼少時の環境にあることを説明しました。
(幼少期の事は、川崎弘二氏著「日本の電子音楽 増補改訂版」に収録されています)

2011.11.20.jpg

今回でシーズン2は終了。現在、シーズン3に向けて準備を進めております。

暫し、お待ちくださいませ。

text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2011年11月08日

11月20日(日)京都でのワークショップ情報

11月20日(日)京都でのガイガーカウンター製作ワークショップは定員に達しました。
現在キャンセル待ちで申し込みを継続しております。

講座と実習のみ参加希望の方は、1000円で聴講可能となっております。

http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/workshop.html


大変申し訳ありませんが、今回はustreamでの中継は予定しておりません。
ご了承くださいませ。


text utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連

2011年11月07日

ガイガーカウンター製作ワークショップ シリコンハウス共立のご報告

昨日は、シリコンハウス共立 セミナールームで「ガイガーカウンター製作ワークショップ シーズン2-a」が行われました。

シリコンハウス共立さん主催でのワークショップは二回目、今回もたくさんの方にご参加いただきました。

3.jpg


女の子でも、普通に作っています。
4.jpg



写真では、製作が中心に見えますが、実際は2時間で完成。
その後の、計測実習や放射線講義が面白いです。


あの、念のため宇都宮さんの専門は音楽ですので。
2.jpg



宇都宮さんの自作ガイガーカウンターとコレクション、シーズン1の参加者の方のものも含まれてます。
1.jpg



次回は、11月20日(日)京都、
「5000円で手に入れる ガイガーカウンター製作ワークショップ」はいったん終了し、
シーズン3へ移行します。

http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/workshop.html


皆さん、お気軽に遊びに来てください。


深謝
シリコンハウス共立 四元徹様


utsunomia.com editor
posted by utsunomia.com at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト関連